So-net無料ブログ作成

家賃月60万円と言われる、高級マンションにいた清原容疑者が「住居不定」扱いとはなぜ? [スポーツ]



覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)は23日に勾留期限を迎えて起訴される。すでに認めている使用容疑で再逮捕される方向だが、勾留期限の延長が必要ないとの判断で、所持と使用容疑の一括で起訴されるケースも考えられる。

488012_pcl.jpg

 警視庁が入手ルートの捜査に不可欠だった密売人を逮捕できていることから、清原容疑者に「これ以上聞く必要がなくなってきてはいる」(捜査関係者)との情報もある。

 起訴の翌日に保釈申請後、中2日で保釈されることが多いため、清原容疑者は早ければ26日にも保釈される可能性もあった。

 保釈が認められるためには保釈金のほかに条件がある。家族ら身元引受人の確保が不可欠で、裁判所に届け出た住居で生活しなければならない。清原容疑者は身元引受人が見当たらない上に、逮捕時に暮らしていたのは月契約タイプのマンション。この場合、仮の住まいと見られてしまうため、元東京地検検事の大澤孝征弁護士は「住居不定と同じ扱いになり、保釈はまず認められない」と指摘した。
(この記事はエンタメ総合(スポニチさん)から引用させて頂きました)


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。