So-net無料ブログ作成

東国原氏の上西議員のバッシング?で始まった痴話げんか どこまで泥沼化? [芸能]

 元衆院議員でタレントの東国原英夫氏が23日、自身のツイッターで、同氏に公開討論を求めている上西小百合衆院議員に対して、テレビの生番組での直接対決を申し入れた。


yjimage.jpgyjimage.jpg

 東国原氏は、同日に「『ゴゴスマ』が上西議員に出演依頼したところ、電話か二元中継なら出演してもいいということらしい」と明かしたうえで「そんな中途半端な中継で、白熱したアルな激論は出来ないと思う」と指摘。さらに「討論するなら、生放送で同じステージというのが、基本であろう。逃げてるのはどっちだ」とツイートした。

 両者のバトルは、東国原氏が16日にテレビに生出演した際、「(上西議員の裏の顔を)見抜けなかった」などと発言したことを受け、同日、上西氏が自身のツイッターで「議員会館にいるのなら私の部屋に来ませんか?」、17日にも「東国原さんが、私についてテレビで度々嘘をつく」とツイートし、「公開で話しませんか」と公開討論を呼びかけていた。

 その後も上西氏は「東国原さんは、わかりやすくて楽だ。橋下さんに行くまでの障害物」「また逃げた」などと東国原氏を批判していた。
(この記事はエンタメ総合(デイリースポーツ)から引用させて頂きました)







スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。