So-net無料ブログ作成

尾木ママ、女子中学生誘拐の容疑者父親の「謝罪文書」に怒りのわけ [エンタメ]

埼玉県朝霞市の女子中学生が約2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐の疑いで逮捕された寺内樺風容疑者の父親と見られる防犯グッズ販売店の経営者が、店のホームページで顧客らに謝罪したことについて、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が3日、「わびる相手を間違えている」と、怒りを交えて批判した。

20160404-00000045-dal-000-6-view.jpg

 父親と見られる人物が運営する販売店のホームページは現在、通販業務は行わず、「弊社近親者に関する報道についてのお詫び」とした文書のみが閲覧できる。

 その中では「お客様、お取引先様をはじめとする関係者の皆様には、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます」として、事件の詳細については「警察にて捜査中」とだけ記している。

 最後に寺内容疑者の父の名が記されているが、寺内容疑者への言及や、また親族としての責任については語られていない。

 この文書に対して、尾木ママは「自分の商売のことしか頭にないのでしょうか?」「詫びる相手 間違えてないでしょうか?」と、少女とその家族への謝罪を強く促した。

 そして「これ 常識!!だと思いますけど そんな普通の判断も出来ないのでしょうか!?」と感情を抑えきれず、「憤慨する尾木ママです!!」とはっきり怒りを表した。
(この記事は(デイリースポーツ)から引用させて頂きました)


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。