So-net無料ブログ作成

辛坊治郎氏に地震学者も、マスコミの片手落ちの地震報道のあり方指摘 [芸能]





16日放送の「ウェークアップ!ぷらす」(日本テレビ系)で、地震学者が、辛坊治郎氏の指摘に意見する一幕があった。

番組では熊本地震の被害状況について伝える中、専門家として元京都大学総長で地震学者の尾池和夫氏に話を聞いた。

ef40c0eb6b6f12791d7d6d22e3b76b4a.png


辛坊氏は「『えっ、熊本で(地震が発生)?』っていうのが、住民の皆さんも我々も感想なんですが、学者の皆さんのイメージはどうなんですか?」と尋ねた。すると、尾池氏は「熊本から大分というのは典型的な地震帯だ」と述べ、専門家の間では地震の発生が予想されていたことを示唆した。

これに対し辛坊氏は「おっしゃることはよく分かります。ただね、これなかなか言いにくいんですが、地震学者のみなさんは常に東海、東南海(地震)ってことばかりで、熊本はイメージ的にものすごく手薄になっていますよね」と、学者の発信内容に苦言を呈する。

この発言に尾池氏は「それまずいですよね」と一定の理解を示した上で、「学者だけじゃなくて、マスメディアもいつも東海地震と言うんだけども」と、マスコミの地震報道の取り上げ方にも問題があったと指摘したのだ。

スタジオで失笑が起こる中、さらに尾池氏は「首都圏直下地震と東海地震ばっかり言うから、それで全国の人が惑わされる」とマスメディアと学者への不満を語ったのだった
(この記事は(トピックニュース)から引用させて頂きました)



おすすめ記事
一級建築士が語る熊本地震で「2つに割れたマンション」の本当の意味とは
篠原ともえの地震情報アカウントまとめツイートが絶賛され拡散
平成28年熊本地震は日向灘を震源とする巨大地震の前兆?
熊本地震 発生から21分後にF-2A戦闘機が緊急発進したワケ
熊本地震の「本震」のエネルギーは「阪神大震災」の1・4倍だった!!
「日本三名城」熊本城無残!!未曾有の被害とは?
熊本地震 韓国記者「落ち着いた避難誘導」のホテル従業員称賛
辛坊治郎氏に地震学者も、マスコミの片手落ちの地震報道のあり方指摘
<熊本地震>熊本、阿蘇、大分の地震同時発生は近代観測史上初か?
河野太郎防災担当相の現場感覚と当事者意識の欠落した発言とは?




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。