So-net無料ブログ作成

ルマン24時間で25年ぶりの快挙で初優勝直前のトヨタの悲劇とは [車]




 伝統の耐久レース、第84回ルマン24時間は18日から19日にかけてフランス・ルマンのサルテ・サーキットで決勝が行われ、中嶋一貴(31)、アンソニー・デビッドソン(37=英国)、セバスチャン・ブエミ(27=スイス)が乗り首位を走っていたトヨタ5号車が残り3分で緊急ストップ、悲願の初優勝を逃した。ポルシェが昨年に続く2連覇で単独最多を更新する18勝目を挙げた。

b8185_929_spnldpc-20160619-0137-0.jpg

 小林可夢偉(29)、ステファン・サラザン(40=フランス)、マイク・コンウェー(32=英国)のトヨタ6号車が2位に入った

 雨の降るコンディションの中、セーフティーカーに先導されてスタートしたレースは、6号車が本格的な戦い始まった直後に首位に立つと、小林がファステストラップをマークするなどした。5号車は細かいトラブルが出てしまい遅れていたが、じわじわと挽回して17時間ごろに先行する6号車をかわしてトップに立つと、安定した走りで首位を守っていたがゴール直前で悲劇に見舞われた。

 日本車の優勝は1991年のマツダ以来、25年ぶりの快挙を逃した。今大会は世界耐久選手権シリーズ第3戦として行われ、3人のドライバーが交代しながら周回数を競った。
(この記事は(スポニチアネックス)から引用させて頂きました)


おすすめ記事
【動画】手のひらに描いた、一見すると本物のように見える錯視アートがすごい!!
動物園も困惑するほどリラックスしたカピバラがTwitterで話題に
「GU」のCMを問題視する声に、苦言を呈したのは誰?
【動画】ラップで想いをぶつけ合う父と子の文科省の海外留学推進動画が泣ける
親がお仕置きで山中に置き去りにした男児が行方不明
コラムニストの勝谷誠彦氏の持論 ベッキーの手紙はマッチポンプだった?
金正恩氏を脅かす反政府ビラ「父親より百倍ひどい人殺し」
2016年版「好きなジャニーズ」ベスト15
96センチHカップ鈴木ふみ奈、最新BD&DVD『メロンの福音』発売!!
オコエ瑠偉が観客の「守備妨害」でアウトになる珍事!!
大谷翔平の二刀流にMLBの現役選手11人が証言





スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。