So-net無料ブログ作成

NHK藤井康生アナの天皇賞実況で、ネットで物議の失態とは [競馬]




激戦の末、ハナ差でキタサンブラックの勝利に終わった天皇賞・春(G1)。とはいえ、2着となったカレンミロティックもこれ以上ないレースができていた。敗れはしたものの、今年の3200mが極めてエキサイティングになった真因といえる存在だろう。

 直線、主戦の池添謙一騎手が万を持して追い出し、ゴールドアクターや他のライバルを交わして前を行くキタサンブラックに詰め寄った。一度は完全にキタサンブラックの前に出ており、多くのファンも「まさかカレンが……」と思ったに違いない。最終的にキタサンブラックの脅威の差し返しに屈したわけだが、ラスト100m時点では「カレンの勝ち」と断定しても仕方のない状況だった。

yjimage.jpg

 どうやら、このカレンミロティックの激走に「困惑」したのはファンだけではなかったようだ。このレースを放送していたNHKの藤井康生アナウンサーである。

 最後の直線、キタサンブラックにカレンミロティックが詰め寄ったあたりで藤井アナは興奮気味に実況。外から迫るトーホウジャッカルをかなり大声(外からトーホウジャッカル! と連発)で実況している間にカレンミロティックは一瞬キタサンブラックを交わした。ここから藤井アナは、まさかの「断定実況」を始めてしまう。
 残り50m、一瞬先頭に踊り出たカレンミロティックに「なんとなんと! カレンミロティック先頭!」と実況、キタサンブラックが差し返しにいっているにもかかわらずさらに「カレンミロティックーーーー!」と絶叫してゴールインしてしまった。この時点で「いやいや、これはわからないだろ」と思ったファンが大多数に違いない。

 さらに藤井アナの「暴走」は続く。「なんとカレンミロティックこれは驚いた! 驚きの結末!」「キタサンブラックは2着か!?」「まさかまさかの8歳馬 セン馬初の天皇賞制覇!か」「池添も天皇賞初制覇!」と、完全に“カレン勝利モード”に入ってしまった。映像ではカレンミロティックとキタサンブラックを交互に映していたのがなんとも切ない。

 藤井アナはその後「状況」に気づいたのか「ほとんど並んでゴールですがどうか……さあどちらか!?」「非常に微妙です」「キタサンブラックがもう一度差し返したかもしれません!」とシレっと修正していた。もう完全に手遅れではあったが。解説の白井寿昭元調教師が「若干キタサンブラックが勝ったような気がします」というのだからさらにバツが悪い。

 ネット上では「なんでこうなる、完全に並んでただろ」「際どいのに着順明言はタブーだろ」「競馬実況としては最大の失態だ」「あそこまで言い切って無かった事のようになんとも言えませんにシフト」など非難する声もあれば「まあ、あの脚なら勝ったと思うかも」と擁護する声も極一部あった。
 NHKは、競馬はとりわけビッグレースしか放送しないためにアナウンサーの「場数」という点では劣るという認識がある。この藤井アナもどちらかというとメインは「大相撲」の印象なので、致し方ないといえばそうなのだが、それでもかなりの「事故」ではある。

 藤井アナの実況でキタサンブラックの単勝馬券を破り捨てたファンがいなかったことを祈りたい。あまりにも不憫だ。
(この記事は(ビジネスジャーナル)から引用させて頂きました)



おすすめ記事
西岡葉月が番組での乳首ポロリの反響で、テレビ効果に驚きと期待
年金の裏ワザ 早く受け取らないほうがいい理由
三菱自販店従業員 燃費データ不正調査中で売るに売れないジレンマ
2016年版「嫌いなジャニーズ」ベスト15
ベッキーも白旗? 「週刊文春」の週刊誌の範疇を超えた影響力とは
大麻使用のスノボ2選手の氏名をネットから特定してみた
菜々緒が二階堂ふみとの2ショット投稿 ネットで興奮と歓喜の声
石原さとみが自撮り新ポーズの「もぐもぐ顔」でかわいさ爆発
嫌いなジャニーズ1位の木村拓哉  炊き出しの中居正広との格差
ホラン千秋  青学先輩の 田中みな実に恋愛観でぶち切れたこととは?
DAIGO&北川景子の披露宴で、取材記者も驚いた人柄がわかるほほえましい演出とは
娘が父親に「生理用ナプキンを買ってきて」と頼んだら
信じられない体勢でバイクで居眠り運転をする男
【動画】驚愕!! 芸能人を白黒写真としか見えないように書くために使用していたのは?
病気にならない体になるための31の済陽式健康メソッドを紹介
ジャニーズ残留を決めた木村拓哉が「スマスマ」辞めたい要因とは?
Perfumeのあ~ちゃんとかしゆかが「アメトーーク!」で芸人たちを驚愕させたこと
高橋みなみが乗り切った母親の逮捕と対応とは
金子賢が肉体改造のビフォアアフターを投稿したInstagramに絶賛と驚きの声!!
夏目三久が「あさチャン!」生出演でメガネをかけていたワケ
猫カフェ「ねこのて」が業務停止命令された内容とは
トリンドル玲奈がインスタグラムにウサ耳姿を公開 「かわいすぎる!」とファン絶賛!!
【動画】東日本大震災で中止となった、感動の九州新幹線CMが再燃
加藤紗里 「アバターに似ている」とディスられる
大阪の暴走事故、今の自動ブレーキでは防げないのはなぜ?
暴走車から幼児2人を助けた10歳少女の勇気の代償が悲しい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

【阪神大賞典】 競馬界の女神稲富菜穂がシュヴァルグラン騎乗・福永騎手を直撃 [競馬]

【阪神大賞典(日曜=20日、阪神芝内3000メートル=1着馬に天皇賞・春優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、今週は何の前振りも思いつかなかった稲富菜穂です。で、いきなり本題。ゴールドシップの3連覇でおなじみの阪神大賞典が今週の注目レースですね。

8d83e_1399_3cad513a_5e9f7543.jpg

 一昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルにはミルコ・デムーロ騎手が初騎乗。「だいじょばない」のレギュラーさん(勝手に常連扱いしてすみません)は「初めて乗ったけど、いい馬だと思った。でも、7か月の休み明けだけが不安です」と。う~ん、そこは私も気になるところ。管理する谷調教師に突っ込んで聞いてみました。

「本当は“少し太いです~”とか、“息遣い悪いです~”って、ミルコに言われると思っていた。太いと感じたら気合を入れといて、と言うてたんやけど、最後まで馬なりで上がってきて“大丈夫です。やることなかったです”と」

 ふむふむ。めっちゃええ感じやん♪…と油断していたら、いきなり飛んできましたよ! 気になるコメントさんが。

「この馬の場合は休みが多くてね。今回も脚に不安があっての休養で、ただの休みではないし…。最終的な目標は天皇賞(春)。まずは無事に回ってきてくれたら」

“不安”というところまではいってないんやけど、それでも“慎重”な感じではあったかな。ふむふむ。稲富的には「狙いは次」とみた。

 イチ押しはシュヴァルグラン。福永騎手いわく「追い切りの動きだけやったら“条件戦でも勝てるかな?”という感じ。不思議な馬だよね。でも調教で無駄に傷むことがないし、これでいいと思う。まだ足りない部分の方が多いけど、レースに関しては優秀な馬」と。

 ふむふむ。そういえば友道調教師も「前走まで乗っていたルメールも稽古では“えっ、これで走るの?”って感触だったみたい」。トップジョッキーが口を揃えて言うんだから、わざと練習をサボってるわけではないのね、ふむふむ(自分と重ねちゃダメ)。

「賞金的には昨年の菊花賞も出走できそうだったんだけど、目標は春の天皇賞と思ってやってきた。一歩ずつ着実にね。このレースも昨年の秋から視野に入っていたんだよ。前走の日経新春杯(2着)でもゴール前でしっかりと伸びているし、折り合いもつくので距離も大丈夫だと思う。実績のある馬が何頭かいるし、どんなレースをしてくれるか楽しみです」(友道調教師)

 ふむふむ。こりゃあ週末を待たずに“頭確定”ですな。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。2007年にアイドルユニットに参加し、「ひとりじめ☆Teacher」でCDデビュー。関西在住の女性タレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。休日には一人で競馬場へと出向くほど競馬が大好き。また栗東でのリポーター時代には彼女が取材した馬がたびたび激走。現在でも一部のトレセン関係者からは「競馬界の女神」と呼ばれている。
(この記事は競馬(東スポWeb)から引用させて頂きました)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。